本文へスキップ

住宅/石井板金.塗装は、住宅/リフォーム 外壁塗装・屋根塗装・屋根葺き替えを専門とする、住宅/リフォーム工事業者です。

電話でのお問い合わせはTEL.0263-87-6768

〒399-7101 長野県安曇野市明科東川手562-1

外壁塗装/屋根塗装 メリット デメリットの紹介
外壁塗装/屋根塗装の必要性 区切り線
外壁塗装/屋根塗装のメリット/デメリットの紹介  内容/屋根塗装/外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものを保護するという大切な役割があります。屋根塗装/外壁塗装のメリット/デメリットについて

外壁塗装 屋根塗装は美観を保つだけではなく、建物を雨や風、カビなどから守るために必要不可欠な塗り替え工事です。 住宅/石井板金.塗装では事業主と担当者が建物の劣化状況を丁寧に調査し、貴方様のお住まいに最適な外壁/屋根塗料と塗装工事プランをご提案させていただきます。

お客様がイメージされる色彩・景観の創出はもちろん、幅広いメーカーの塗料を各種扱っておりますのであらゆるニーズに的確な対応が可能です。

住宅/石井板金.塗装は確かな職人による直接施工と充実したアフターフォロー!高品質・低価格で貴方様に最適なご提案と塗装工事をご提供して行きたいと考えております。お問合せ/無料見積はこちらへ

外壁塗装/屋根塗装のメリット デメリットの紹介

□.屋根塗装/外壁塗装のメリット
屋根塗装/外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものを保護するという大切な役割があります。屋根塗装/外壁塗装のメリットについては以下のようなものがあります。
◆外観を美しく整える
◆外壁を保護し、耐久性や防水性を高める
◆塗料の機能によっては断熱効果、遮熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。

塗装箇所

□.耐久性
◆屋根塗装/外壁塗装は外壁の耐久性を高めます。
◆塗料の主な種類には、耐久性の弱い順から※アクリル系ウレタン系シリコン系 ※フッ素系があります。
◆フッ素系塗料は耐久性に優れており、風雨や直射日光に晒され最も傷みやすい屋根材の塗装に用いられるケースが増えています。
◆現状屋根/外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、耐久性と価格のバランスがよくコストパフォーマンスに優れたシリコン系塗料となっています。

外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、耐久性と価格のバランスがよくコストパフォーマンスに優れたシリコン系塗料となっています。

□.防水性、透湿性
◆外壁には水分や湿気に弱いものもあるため、塗装によって防水性を高めて外壁を傷みから守り、雨漏りなどを防ぎます。また結露を防ぐためには、水分を遮断し湿気は通すという透湿性も重要になります。

防水性、透湿性 吸収する塗料 塗膜で建物の劣化を防ぐ

□.遮熱効果
◆直射日光による外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、室内の温度変化を軽減します。夏場の冷房効果を高め、また断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

.セルフクリーニング効果
光触媒塗料や、微細なセラミック樹脂を配合した塗料などでは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに自動的に洗い流すセルフクリーニング効果を持つものがあります。

自動的に洗い流すセルフクリーニング効果


□.外壁塗装のデメリット
外壁/屋根塗装 デメリットの紹介◆外壁塗装/屋根塗装のデメリットについてはありません。あえて挙げるとすれば、外壁塗装は永久的なものではなく10〜20年の間隔で定期的な塗り替えが必要になるという点がデメリットと言えます。

しかし外壁を守るためには塗装の他に有効な方法はないため、建物の維持管理としては必要なものです。

貴方の家を新築を保つため 日本の住宅は20年〜30年と言われていますが アメリカでは100年200年が当たり前です 何が違うか修繕を重ねています。立て方が違うという事ではありません。

◆最大のデメリットは定期的な塗装を怠ることで生じる外壁/屋根そのものの劣化です。早期に発見をすれば通常の塗装で済みます。余分な補修工事無い分安く塗装工事が出来ます。

□.外壁塗装について
◆あまり劣化が激しくなってから塗り替えを行った場合 外壁自体にも傷みが生じている場合もありますし補修の費用も高くつくことになります。そのため外壁そのものにダメージが届く前に早めの塗り替えを行うほうが効率がよく経済的である場合が多くなります。

◆塗り替えは事前に複数の施工業者に見積もりを依頼して相場を確認しておくなど計画的に行うことが大切です。定期的に塗り替えを行い外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぎ、建物全体の寿命を延ばすことにもなります。

◆外壁の塗装がひび割れていたり、剥がれていたり、またチョーキング(手で触ると白い粉が付く)が起こっていたりといった劣化した状態で長く放置すると、外壁に水分が染み込むことで雨漏りの原因になったりまた外壁や外壁内部の柱/鉄筋に腐食が起きたりします。

外壁塗装 チョーキング画像外壁塗装 外壁ヒビ画像外壁塗装 外壁のヒビから柱腐植画像
そうなると修繕に掛かる金額が大きくなるため 外壁の塗装に異常が見られる場合には早めに専門の施工業者に見てもい対処しましょう。

外壁の塗装については塗膜の耐久年数が塗料により10〜20年となります。そのためおよそ10年に一度程度は施工業者に状態を確認してもらうということも大切です。

□.塗装会社の見分け方を教えて下さい。
◆まず情報を集めることが大切になります。 塗装会社に自社ホームページがある場合は施工事例を見ることで過去にどのような施工がされてきたかを確認する事が大切です。近所で塗装を行っている業者が良い業者だとは限りません 見積を見ると分かる 見積書で良い業者の見分け方を参考に

□ ローラー塗装と吹付け塗装の違いは
◆吹き付け塗装とローラー塗装は次のような違いがあります。 吹き付け塗装 → 塗料を専用の器具で霧状にして吹き付ける塗装方法 ・ローラー塗装 → 専用のローラーを用いて塗料を塗りつける塗装。吹き付け/ローラーではどちらが良いのかは言えません。

□.弾性と微弾性の違いを教えて下さい
◆伸び率に違いがあります。 弾性と微弾性の違いは塗料の伸び率を基準に示されています。
◆弾性塗料 弾性塗料についてはJIS規格で基準が示されています。 20度で伸び率120%以上

□.品質をチェックする方法を教えて下さい
◆主なチェック項目には下記のようなものがあります。
◆ひび割れや剥がれの補修をしているか これは塗装を行う前の下地補修の工程になります。 下地の状態が悪い場合は普通の塗装作業よりも時間が掛かかります。下地の処理が一番大切になります。
◆チェックシートを作ってもらいましょう 下地処理→高圧洗浄→下塗り→1回目の塗装→2回目の塗装 項目ごとにチェックを付けもらう様にしましょう。

□.足場を組むメリット
◆仮説足場を組む場合のメリット 塗装工事の際は、下から上へ何度も行き来することになるため、作業の効率化を図り、工事現場の安全性を高め、安定した作業を行うことができるという点が足場を組むメリットです。

□.水性・油性どちらが長持ちしますか?
◆水性塗料より油性塗料の方がやや長持ちする傾向がありますが、塗料の種類にもよるため一概には言えません。
◆水性塗料、油性塗料の耐久性と価格 下に行くほど耐久性が低く、また価格も安くなります。

塗料 対応年数


□.窯業系のサイディング塗替えは必要?
◆窯業系サイディングボードは定期的な塗り替え 目地の打ち替えといったメンテナンスが必要です。

□.最新の塗料について教えて下さい
最新の塗料としては以下のようなものがあります。いずれも高性能な塗料となっています。 □ルミステージ ルミステージは、ルミフロンという旭硝子が世界に先駆けて開発したフッ素樹脂

□シーラーで下塗りは必要でしょうか?
◆シーラーでの下塗りは必要です。 シーラーの施工は下塗りであるため軽視されやすい面がありますが、仕上げ塗料にグレードの高い良い塗料を使用しても、下地作りがしっかりされていないと仕上が悪く艶もなくなります。

□.シーラーの役割は何ですか?
◆一般的にシーラーには以下のような役割があります。
◆塗装を行う面の塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装むらを防止する ・接着剤のような働きをし、塗装を行う面と、塗り重ねる仕切りのようなものです。

□.下塗り剤の種類を教えてください
◆下塗り材の種類 ・シーラーとは下地と塗料を密着させる接着剤のような役割もつ下塗り材の総称です。シーラーは接着プライマーなどと呼ぶこともあります。またパテ効果とシーラー効果を合わせ他役割のものもあります。下塗り剤シーラーの種類はこちらへ

現在シーラーの必要のない塗料がでてきています 上塗りの塗料の中に下塗り塗料が入っている塗料です この塗料を使うと価格は安くなります。塗装工事業者に相談して下さい。 

2012年頃から下塗り塗料がいらない外壁塗料が出来きています 下塗りなし(シーラー)の上塗りを2回塗るだけで下塗り(シーラー)の効果のある外壁塗料です。今後は下塗りなしの塗料(シーラー)がが必要なくなり2回塗り塗料が増えてく傾向です。塗装価格も下がります。外壁塗装の予定のある方は塗装屋さんにご相談下さい。下塗いらないの外壁塗料ファインコートシリコンの詳しい詳細へ

外壁塗装/屋根塗装の必要性 区切り線
家のチェックシート外壁/屋根 貴方の家は大丈夫ですか

外壁塗装/屋根のチェックシート・あなたの家を診断してみましょう 1.外壁のひび割れがある 2.築・7年以上経っている 3.外壁を触ると白い粉が手につく 4.雨の後なかなか乾かない5.建物の色が褪せている 6.鉄部などに錆が発生している7.カビやコケが発生している 8.表面に小さな穴が沢山あいている

いかがですか貴方の家はいくつあてはまりますか?3〜4あてはまる貴方の家は塗装を考えていきましょう



石井板金.塗装 お問い合わせに付いて

ご迷惑をお掛けしています。連絡はお問い合わせフォームか電話 0263-87-6768 携帯 080-5145-7293又は isiibankintosou@yahoo.co.jp にメールをくだされば幸いです。担当石井

石井板金/塗装住宅/石井板金.塗装ではお問い合わせフォームで質問があっても しつこい営業は一切いたしません メールでは返答のみを返信致します。メールでの営業もいたしませんのでご安心下さい。適正での価格で工事を行って頂きたい為お気軽に!!

  お問合せ 無料見積は下記へ
お問合せフォーム お気軽にお問い合わせ下さい。石井板金.塗装

工事後のこだわり

石井板金.塗装は工事後のお付き合いを大切にしています。住宅/石井板金 塗装では工事が完了してからが本当のお付き合いの始まりと考えています。 

貴方のご家族が健康で安心して暮らしていける様、当事業所は定期的に問題がないか? 工事終了後も定期的に伺わせて頂きます。

住宅リフォーム工事をさせて頂いたご家族の皆様 誠に有難うございます。定期的に点検にお伺いさせて頂きます。これからも宜しくお願い致します。

住宅/石井板金.塗装は確かな職人による直接施工と充実したアフターフォロー!高品質・低価格でお客様に最適なご提案と工事をご提供して行きたいと考えております。お問合せ/無料見積はこちらへ

@石井板金.塗装工事材料に付いて
材料は(一般的な良い材料)での工事を行っています 材料は色々ありますので工事会社に良く話を聞いてみることが大切です。当事業所の工事は貴方に満足頂けるように常に考えて工事を行っています。

A石井板金.塗装工事価格に付いて
工事価格は個人事業所ですので大手会社より工事価格は低価格です 大手会社と同じ材料を使っても工事価格は低価格で工事を行っています。材料の質を落とせば工事価格は安くなります。※外壁塗装単価表はこちらへ

B外壁塗料に付いて
塗料は貴方様の外壁に合った外壁塗料を紹介いたします。外壁塗装の塗料は年々良い塗料が出て来ています。石井板金/塗装では現在の塗料は関西ペイントアレスダイナミックTOP(2液)です。高性能で上塗で外壁を長期に保護する塗料です。※塗料の種類はこちらへ

関西ペイントアレスダイナミックTOPの特長
@最上位品フッ素に迫る高耐候性 A樹脂性能を最大限に引き出すラジカル性御技術を採用 B超低汚染 Cカビ/藻が付着しにくい D臭気の少ない水性塗料 E艶の選択が可能(艶あり/7分艶/5分艶/3分艶 F強力な付着力(強化剤を配合することで湿潤面や高湿度環境での施工が可能) G対応年数15年 関西ペイントダイナミックTOPの詳細はこちらへ

C屋根塗装/塗料に付いて
塗料は貴方様の屋根に合った屋根塗料を紹介いたします。屋根塗装の塗料は年々良い塗料が出てきています。石井板金/塗装で現在使用している塗料は関西ペイントのスーパーシリコン(ハイブリッド)2液性の塗料です。

スーパーシリコン(ハイブリッド)2液性の特徴
高光沢で耐候性(ツヤ持ち)が抜群!速乾性で塗装後の結露や降雨による白化がおこりにくい塗料です また、低温時の乾燥性/進耐候性にも優れています。XWOM2500時間だから塗り替え周期が一番長い塗料です。関西ペイントスーパーシリコン(ハイブリッド)2液の詳細へ

D屋根葺き替え 屋根板金に付いて
材料はお客様の指定の材質のものを使うように心がけています。石井板金/塗装の現在使っている材料は ガルバリウム鋼板(横平葺き)(立平葺き)(GMルーフ葺き)の材料を扱っています。他にも色々な材料があります。※屋根材種類特徴はこちらへ

E品質の良い工事 悪い工事とは
手抜き工事は職人さんの性格 などがあげられます 高い工事費を払えば良い工事を行ってくれると思っている人がいますが それは間違えです 職人さんの性格 おおざっぱな性格の職人は工事もいい加減です。

良い工事 工事業者の方針と職人さんの性格です。細かい所まできちんと行う職人さんがよい工事を行えるのです 貴方の要望を良く聞いてくれる業者  工事の後道具 材料をきちんとかたずけていく職人さんは工事も丁寧に行ってくれます。良い職人さんのいる 工事業者に巡り合えると良いですね。

石井板金.塗装の安心保証 責任施工制度

住宅/石井板金.塗装では、お客様により安心してご依頼頂ける為に、工事に関しての保証書を発行しております。「住宅/石井板金.塗装では、品質基準を作り、屋根の施工に関して「責任施工制度」を実施しています

「住宅品質確保法」に象徴されるように住宅の品質がより厳しく問われる時代となり、住宅/石井板金塗装「責任施工制度」も、これに対応すべく形を変えてきました。屋根に求められるのは「美観・防水性・耐久性」ですがこれら全ては優秀な技術者の施工や、管理によって保持することができます。

屋根板金・屋根葺き替え・外壁塗装・屋根塗装はもちろん地域未着 心と心のつながりをスローガンに掲げ施工する事業所として全てのお客様に信頼と安心をお届していけるよう日々努力しています。宜しくお願い致します。※外壁塗装価格例はこちらへ



shop info店舗情報

住宅/石井板金.塗装

〒399-7101
長野県安曇野市明科東川手562-1
TEL.0263-87-6768
携帯.080-5145-7293
FAX.0263-87-6768